中立中庸、で調べると「一般人」と解釈する人が多くて驚きました。

私からするとこれは大間違い、
一般的な日本人なら、秩序中立(ルールや規則を大切にする)気質があると思います。

中立中庸は雑に言えば「他8タイプのどれでもない」とも言えます。
ですが、それが理由で無個性と考えるのは暴論です。

他8タイプの傾向を偏ることなく持つ、バランスタイプと考えるべきでしょう。

アライメントテストに「中立中庸らしい回答」はありません

全て答えた上で中立中庸になるのであればで
それは、どこかに偏らずに回答できた……ということですからね


では、Neutral(中立中庸)はどんなタイプか、端的に言えば「主人公タイプ」です。
また、悪役側として唯一出てこないタイプという部分でも特徴的です。

アライメントテスト内では一番多くの人と問題なくコミュニケーションを取れる人と言えるでしょう。
主人公側に必要な主人公とライバルの喧嘩を仲裁する役もNeutralです。

マンガの中では、主人公にもなりますが、主人公の近くにいる頼れる先輩はNeutralが多いと思います。
ピンチの時に颯爽を現れる、といった役ではないですが、いつも近くにいる人。


今回は、そんなNeutralについて考えていきましょう。

Neutralの性格傾向

全タイプの中で最も大人な対応ができる常識人ですね。

常識人というと秩序の印象ですが……
秩序は「ルールは守られて当たり前」と考えます。
ですので、秩序傾向のある人はルールを守らない人を見下したり、拒絶します。

ルールを知らなかった、は許してくれないでしょうし
いかなる理由であれ掟破りなんて論外!……と考えるのが秩序です


例えばですが、
フレンチのスープを音を立てて飲んだ時、
(補足:フランス式のテーブルマナーでは、基本的に音を立てるのは無作法)

秩序は嫌な顔をしたり不機嫌になったりするでしょう。
秩序からすれば、テーブルマナーを知らない・守れないことはありえないですからね。

これがNeutralであれば「知らないから仕方ないよね」
といったように、冷静で大人な対応ができます。

Neutralの対人関係

基本的に相性の悪いタイプは存在しません

……細かく言うと、他タイプのように
「口から出る言葉全てがイラっとする」
「言ってるコトが理解できないし、したくもない」
といったタイプがいません。

と言いながらなんですが、クセが非常に強い混沌悪(俺がルールだタイプ)や混沌善(全てを無視して他者を助ける)には苦手意識があるかもしれません。
彼らはルールの先にいて「個性的だけど、何を考えているか分からない」の典型ですから……。

Neutralから見た他タイプの印象はそれぞれの長所短所がそのままです。
偏見がかなり少ない評価になります。
色眼鏡のなさもNeutralの特徴ですね。

ざっくり言えば、

秩序は真面目な人
混沌は自由気ままな人
善は親切な人
悪は自分が優先な人

Neutralから見たNeutralは……
それこそ「無個性」と思ってしまうかもしれませんね。
他タイプみたいな強烈なクセがなく、個性を掴みにくいからそう思ってしまうのかもしれません。

Neutralらしさとは

では、他のタイプのように考えていきましょう。
Neutralは秩序混沌・善悪と2つある軸のどちらでも偏りがなく、単体だと非常に分かりにくいタイプです。

ですが発想を転換させれば、多少分かりやすくなります。
他8タイプに該当しないのがNeutralなんですよ。

つまり、適度に法律やマナーに従い、自他の利益を適度に考える。
仰々しいしきたりは面倒と感じる、でも法律に逆らうことはない。
他人を蹴落とすことはしたくないけど、自分を犠牲にするようなことはしたくない。
……バランス感覚のある性格だと言えます。

繰り返しになりますが……

アライメントテストに「Neutralらしい回答」はありません

他よりも出にくい答えであることはお忘れなく