Header Ads

ティエヌフルース[Ou]でフリル盛り盛りファッションを試みる

フリルが多いレイヤリングウェアは安い、そんな気がします。
おはようございます、ミセリコルデです。

私は基本的にフォーマルライクな服が好きですが……
レイヤリングウェアの記事も久しぶりなので、挑戦を兼ねて、フリル多めなウェアを買ってきました。

今回はこれを調理していきましょう。

今回のコーデ

前面

色は赤+黒&グレーで揃えてみました。
フリルの印象が強いので、色数は抑えて統一感を出しています。

フリルのないウェアも考えたのですが……肩が出ているので、ベースウェアの印象がけっこう強く出ます。
また、ベースにロングスカートが来ても不自然になります。

かなりベースウェアを選びます

背面

背面はアウターの印象がかなり前に出てきます。
スカート丈が短いので、脚がすらっと細く見えます。

この背面の美しさのためにこのアウターを選ぶ……というのもアリだと思います。
みえる脚部分はベースウェア&ボディペイント依存なので、
ベースウェアもしっかり考える必要がありますけどね。

コーデ内容

ティエヌフルース[Ou]
ヘンネスドロム2冬[Ba]

少女ハリエットの帽子B
ぶら下がりニャウ
ラウンドメガネ

全身タイツF 黒

初めてぶら下がりニャウを使いました。
厳密には、こういうぬいぐるみ系を使ったのが初めてです。

色が寂しかったので崩しとして導入しましたが、なかなかいいですね……。

ぬいぐるみ系も集めておいた方がレパートリーが増えるかもしれませんね。

フリルの「多いけど、少ない感」をどうするか

今回のコーデは久しぶりにアクセサリーを3枠も使っています
……というのも、フリル(=装飾)が多いのに物足りない感じがするというジレンマ。

フリルの服って、アクセサリーを盛りたくなるんですよね、不思議なんですけど。
とはいえ、元々服に装飾が多数あるので、増やしすぎると騒々しくなる……。
フリルの魔力を痛感しました。

フリルの服の良さと悪さを同時に感じました。
フリルを活かしながら、いいアクセサリーを探す……たまに挑戦すると楽しいかもしれませんね。

0 件のコメント