Header Ads

けものフレンズ3は…多分ムリだろうと予言します

けものフレンズ3 公式HPトップ画像

こんにちは、みんなのヴィランです。

今回は珍しく、稼働前のアーケードゲームを語っていきます。
先に結論を話しますねアーケード版稼働店舗かなり少ないですよこれ。

アーケード筐体って安いものじゃないんですから、そんなポンポン出しても導入できる店少ないですよ。

と、そんな話をしていきます。
なお私はゲームセンターの経営に触れているわけではないので、全て推測なのはご愛嬌。




アプリとアーケード稼働という珍しさ

まず、このけもフレ3のプロジェクトの面白い部分は、メディアミックスの手法。
ゲームとゲームのメディアミックスって、文字にすると誤表記みたいですよね。
正しくは、(スマホ)ゲームと(アーケード)ゲームなんですけど。

同じ形態をしているものに、ラブライブがありますね。
しかし、あれはスマホ版が好評で、アニメも映画もしっかり成功した後にアーケードが出ています。
アーケード版は今でも遊んでいる人を見かけるので、なかなかの人気ですね。

しかし、けもフレ3はスタートダッシュからこれを行ってきます。
ゲームセンターで遊び、行けない時はスマホで…って感じですかね。



アーケード版を推測してみる

アーケード筐体のいらすと

さて、私はスマホゲーは詳しくないので、アーケード版を推測してみましょう。


カードゲーム

公式が並べている画像からして、カードゲームで確定ですね。

艦これアーケードから続く、その場で印刷するタイプみたいです。
オンゲキよろしくQRコードでアーケード筐体に読み取らせるしくみみたいです。


カード販売対策はするのか

対策してくるでしょう。確実的に。
ゲームセンターに開店入場しても稼げないのでバイヤーの皆様は諦めましょう。

厳密には、オンゲキのシステムを使ってくると予想しています。
その結果として、中古カードを買ってもゲームでは得できないと推測しています。
(カードの排出履歴をアカウントに記録。未排出のQRコードは借り物として育成不可能にする)



カードの排出方法は?

4Gamerの記事で触れられていましたが、ゲームプレイ後に排出されるようです。
オンデマンド印刷ともあるので、やはりその場で印刷されるようです。

公式HPに「1クレジットにつきカード1枚排出」とありますし料金はかなり控えめ。
子供向け筐体の課金タイプですね。

本記事で話しているオンゲキはカード1枚100円です(ゲームプレイとは別課金)
同じQRコード方式なのにね、なのにね。

けものフレンズ3 カードギャラリー
絵柄すごくきれいですね
カード集めが捗りそう




ゲームとしてはどうなのか

女児むけアーケード筐体で楽しむ大きなお兄ちゃん
見つけて驚きましたが、いらすとやさんって何でもありますね


先述の記事を見ていて感じたことは「児童向け筐体っぽさ」
三すくみっぽいボタン配列も相まって、ムシキングですね。
(スキルカードとかありますし、ムシキングですねありがとうございます)

「すっごーい」って感じで寄せているんですかね。
けものフレンズの雰囲気自体は子供向けの柔らかさはありますが、これはこれで…。



調べて感じたこと


龍が如くメスキング博士登場シーン
龍が如くで出てきたメスキング
客層が迷子この一言に尽きます。
筐体・ゲームシステム・料金設定は子供向け。
深夜アニメ・スマホゲーというシステムは大人向け。
(けもフレ2は深夜2時放送でした)

どっちやねん。


導入店舗向けにどう説明していくのか気になります。
この説明で、ポケモンの横に並ぶのか、艦これACの横に並ぶのかが決まりますよ。

と言いながらも私の予想では、子供向けコーナーに並ぶは推測します。
まぁつまりは私の通うようなゲームセンターには導入されないでしょうね。


最近、大人向けの筐体で負けが込んでいるセガの一手。
ウケるといいですね。
なんなら想像以上の盛り上がりで増産決定とかなれば最高ですが。



私はそこまで期待していません、サービスが1年続けば御の字。
3年続けば最高ってぐらいですね。
それでは。

0 件のコメント