Header Ads

L4DのAC版がオンラインサービス終了になる話

LEFT 4 DEAD -生存者たち- 公式サイト
オフライン運営への切替のお知らせ

申し訳ないですが、見えていた未来って感じですね……。
稼働前、稼働後ともに反応があまりにも薄かったなぁ。



おもったより長生きだったなぁ、といった気持ちもあります。
このアーケードの稼働開始は2014年12月10日、三年半は稼働できていたわでですよね。
わりと長生き……かな?




ただ、WIKIの更新が去年の8月で終わっていたりと、物悲しさが漂っていますね。
私は、Wiki更新がなくなっているゲームを見ると、胸をすぅっと風が通るような感覚を覚えます。

今は数店しか開いていないシャッターストリート
ボロボロの遊具が打ち捨てられて遊園地の廃墟

そこにどのような物語があったのか、そう考えると例えようのない気持ちになりますね。





ここで、パット頭をよぎるのが、スクールオブラグナロク
開発元は違えど、稼働前から微妙な雰囲気が漂っていた筐体ですね。

なんとなく調べてみると、こちらも同じ道を辿っていました。
こちらは、2015年の夏でしたから、より短命ですね。

タクティカル5Dアクションゲームという、なかなか刺激的な触れ込みのゲームでしたが反応が悪く終わりましたね。

スークールオブラグナロクは、なにがダメだったのが上手く表現できないのが特徴、ですかね。
ボタンがたくさんあってよく分からなかったです(小並感)





続きでは、ネットワークサービスが終了するとどうなるか、をかるーく説明します。


このオフライン切り替え、語りだすとけっこう長くなるので後日話すとして、ザックリとどうなるか説明しますね。
これはL4D ACだけではなく、他のゲームでも共通になります。

  • カードを使ったプレイができなくなるので、以後のプレイは無条件でゲストプレイに
  • これにより、スコアの記録などができなくなる
  • オンライン対戦(や協力プレイ)ができなくなる
  • イベント更新などがなくなる
ザックリと説明するとこんな感じです。





正直、こうなってしまうとアーケードゲームの魅力が大幅減ですよね……。
データ書き込み式の古いケードだと、オフラインでもキャラ育成とかできるんですけどねー
まぁ、仕方ないですね。






個人的なカンになりますが、このオンラインサービス終了で多くのゲームセンターは撤去するかと思います。
スペース・熱・電気代を考えれば撤去はやむなし、ですし。


なんとなく設置店舗を見ると、すでに設置台数0の県も。
うーん、無常ですねぇ。

0 件のコメント